いきなりの問いかけで失礼させていただきました。

新聞もテレビもネットも新型コロナウイルス関連のニュースでいっぱいですね。
この猛威の中にあって、誰しも不安な生活を余儀なくされていることと思います。
「いや、どうにもならない、しかたないよ」と何もしないでいるか
「今だからこそ何かしよう!」と考えるかで大きな差が出てくるのです。
そこでコロナ禍の「今」をどうしていくか?を考えていただきたくお聞きしました。


もちろん誰でも後ろ向きな気持ちになることはあります。
つい先日、知人が新型コロナウィルス感染してしまったことを知らされました。
重症化しています。
残念です。
回復を祈ることしかできません。
私も先が分からない状況を悲観しました。
この猛威は他人事ではなくすぐそこにあるということです。
それは感染状況をグラフにすると一目で分かります。


この感染者数の伸び方は恐ろしいです。



死者数も止まりません

2020年11月から第3波が来ております。
新型コロナの猛威が目に見えて分かります。
残念なことに「感染者数」「死者数」も増加の一途です。
2021年1月、ついに2度目の緊急事態宣言が発令されました。
さらにこの日本よりも海外ではもっと悲惨な状況になっております。


2020年は人類にとってとても厳しい年となりました。
2021年に入ってからその厳しさはさらに加速しております。

今回私たちは、怯え、苦しめられ、そして失ったものもたくさんありました。
それは日常だったり、仕事だったり、健康だったり、そして愛する人だったり・・・
今なお、私たちは不安で苦しい生活に追い込まれています。

いったいいつになったら元の生活に戻ることができるのでしょうか?
いったいいつになったら安心して仕事ができるようになるのでしょうか?
いや、きっともう元に戻ることなどないのでしょう。

でも悲観していても何も始まらない・・・


国や地方自治体にこれ以上の期待をあなたはできますか?

ましてや個人レベルで救ってくれることなどあり得ないでしょう。
確かにどうにもできない状況ということは理解できますが
私たち国民に我慢させることばかりで何の結果も出せないままでいます。
これが現実です。
私たちはこの現実を受け止め自ら変わっていくしかないのです。

自分でどうにかするしかないのです。
自分の身は自分で守るしかないのです。

まず新型コロナウイルスから身を守ってください。
感染予防をしてください。

2020年は毎日いろいろなメディアで
「マスクを着用してください!」
「3密を避けてください!」
と感染予防することを言われ続けましたが、それも今は少なくなってきました。
「感染予防」そのものは当然のこととなってきたのです。

それはもう『Withコロナ』だからなのです。


インフルエンザと同様、ワクチン接種から始まり予防習慣をもって
コロナとともに私たちは生活していくことになるでしょう。
その中でも、生活するうえで必要不可欠なお金を得ることが今までより難しくなっていきます。
業種によってはリモートで対応できる企業もありますが全てがそうではありません。
既に厳しい状況に陥っている方は多いのではないでしょうか?


お金を得るための私たちの大切な仕事にも大きな影響を与えております。
何よりも失業者数が急増しています。

この状況下「Withコロナ」でもたくましく生きていくために「今」を大切に・・・
そして大切にするために「今」の時間を少しだけご用意ください。

現状でまったく構わないよ!という方はどうぞ画面を閉じてください。
「変えたい、変わりたい!」「何か新しいこと始めたい!」という方はこの後もお付き合いください。




お応えいたします。
それでは有意義な時間を共有いたしましょう。

これまで長々と新型コロナウイルスとその影響についてお話させていただきました。
それはなぜか?・・・
これからお話させていただく内容は


安心・安全に実践できるビジネスモデルのご紹介だからです。


今回このようにビジネスモデルをご紹介するかたちに至ったのには理由があります。


それは、顧問税理士とのリモート会議中に
コロナ禍の影響を大きく受けている業界の話になりました。

そこで調べてみました。
新型コロナウイルスの悪影響を受けている業界ランキングです。

10位 水商売
キャバクラやホストなど、夜の世界で利益を得ている水商売も新型コロナウイルスによって収入が激減している。
9位 政治家
緊急事態時であっても仕事を失うことはなく、給料を失うこともない。そのため新型コロナウイルス時であっても収入面は安定または高額すぎる給料を稼いでいる。国民からの「支持率」においては悪影響となっている。
8位 テレビ業界
テレビ業界全体にも悪影響が広がっています。一部の新作ドラマも放送延期となってしまっている。芸能人だからと言って高収入とは限らない。
7位 サービス業
営業自粛を決定した事業者は多く、一部のサービス業も悪影響に悩まされている。ジムやヘアサロンなどにも悪影響が出ている。
6位 スポーツ業界
多くの競技が中止・延期。東京オリンピック・パラリンピックも今やどうなるか分からない状況。
5位 小売業界
書店やCDショップなど生活を送る上で必須と言えない小売店は利益が激減。自粛により来店客が激減している影響が大きい。
4位 観光業界
外出自粛のため、旅行を楽しむ日本人が激減。お土産が売れず食品ロスも一層深刻に。GoToキャンペーンもやったりやめたりではっきりせず、直接影響を及ぼしている。
3位 音楽業界
ライブも、音楽業界を支えるうえで重要な収入源。しかし、新型コロナウイルスにより大物・若手問わず多くの歌手・バンド・アイドルたちのライブが延期または中止となっている。
2位 飲食業界
全飲食業界が悪影響を受けている。緊急事態宣言により自粛要請により営業時間短縮を余儀なくされ大打撃を受けている。
1位 インバウンド業界
観光業界が新型コロナウイルスで大打撃を受けている中、最も悪影響により苦しんでいるのがインバウンド業界。外国人観光客に人気が高い国であるため、彼らをターゲットに捉えたインバウンド業界では外国人旅行者の人数が激減し今までのように好調な利益を得ることが難しい状況がしばらく続くとも予想される。


コロナ禍で生き抜くことは難しいということがよく分かります。
しかもこのような長期戦になるとは考えもしませんでした。
このような緊急事態下で一体何ができるだろうと考えるようになりました。


この苦しい状況で誰かの助けになること・・・

『コロナに負けない!応援プロジェクト』を立ち上げました。
今回がプロジェクト第一弾!!です。
それが安心・安全に実践できるビジネスモデルのご提供です。

先ほど新型コロナウイルスの悪影響を受けている業界ランキングをお見せしましたが
これらの業界には当てはまらず
新型コロナウイルスの悪影響を受けていない!
かえってこの状況で業績アップしている!
それがこのビジネスモデルなのです。


このビジネスモデルに興味を持っていただいた方が
初心者でも安心して実践できるように
実際に運用で使用している作業手順書を
新たにビジネス基盤のつくり込みに重点を置いて
分かりやすく図解を中心に制作しました。

初めて出版にあたってこの機会に
いろいろなビジネス書を購読させていただきました。

たくさんあるんですね。
ただ残念なビジネス書の多さに驚きました。
「儲かります」「儲かりました」「こんなに稼ぎました」
しかも「ほったらかしで」「何もしないで」とか・・・
確かにお金は重要であり目的ですが、内容がついてきていない・・・
内容については触れられないので差し控えます。

その類とは違います。
稼ぐことが目的ですが、楽しく実践していただくことがわたしどもの目標です。
安心して実践していただける実用ビジネスモデルの解説書になります。


コロナ禍の中、私たちに必要なことは?


それは感染予防し、感染リスクを減らすことです。
感染リスクを減らすために行動も制限されます。
人と接することや外出を制限しなくてはいけない。


ここから詳しく説明させていただきます。


このビジネスモデルは大きく括ると通信販売ビジネスになります。
インターネットを通じて商品を販売し売上を得るビジネスということになります。
但し、一般的な通信販売ビジネスにはないノウハウが詰まっております。

ビジネスを行う仕組み、基盤構築に費用をまったく掛けません。
一切お金を使わずにつくってしまいましょう。
お金を掛けなくても高いレベルで実践できるノウハウです。

リスクを回避しています。
通常掛かってしまう仕組みや費用をことごとく回避し省きます。
基盤構築に掛かる費用、システムを稼働させる費用、モノの動きに掛かる費用などです。
そのため、実践するリスクを極限まで回避しています。
これが安心して実践できるノウハウなのです。

楽しんで実践していただけます。
この基盤構築を実践する過程で、「自分の思うようにつくりこむ」という面白さ・楽しさを感じていただけるように解説しております。
楽しんでもらうことに重点をおいています。
わくわく楽しみながら稼ぎましょう。

すべて完全リモートで実践できます。
外出したり、人に会ったりする必要性を完全に無くしました。
コロナ禍なので余計に需要が高まっているのも特徴です。
これが安全に実践できるノウハウです。


コロナ禍・Withコロナで自粛や外出を控えることを余儀なくされている今だからなお
自宅にいる時間を有意義に使ってほしいと思います。

個人で出来るリスクの少ないリモートビジネスを
楽しみながら実践し収入獲得を目指していただきたいと思います。



実践するにあたり必要なものがあります。
ご案内しておきます。


以上があれば即始められます。




『コロナに負けない!応援応援プロジェクト』の立ち上げ第一弾!として制作いたしましたが
大きく予算オーバーしたため、目標であった無償での提供ができず制作陣心苦しく感じております。

そこで、今回お申し込みいただいた方に
予定にはなかった「特典」を付けることにいたしました。







新型コロナウイルスの感染拡大が大変な状況になっています。
新規感染者・死者の増加の一途をたどっています。
それに伴い日本の経済は大打撃を受けています。
どうしても人と接する必要のある業界は特に苦しいことになっています。


友人も飲食店を2店舗経営していますが苦境に立たされており
継続するか辞めてしまうか悩んでいる状況にあります。

厳しい経営状況で倒産する会社の急増
倒産や解雇による失職者の急増


この現状で私たちにできること
コロナに負けるな!応援プロジェクトを立ち上げ
コロナ禍に強いビジネスモデルをご提供することでした。

リモビズ基盤構築完全解説書を実践して
「Withコロナ」を生き抜く力を身に付けていただきたいと思います。

このビジネスはコロナ禍で需要がより高まっており
しかも感染する恐れのない安心の完全リモートで実践できます。
個人で出来るように解説しており、費用を掛けずリスク回避しております。
自粛している空いた時間に楽しみながら実践していただきたいと思います。

そして今回特典もお付けいたしました。
より安心して取り組んでいただけると思います。


それではお申し込みの流れにになります。





今回のリモビズ提供となったきっかけは残念ながら新型コロナウイルスの蔓延でした。
今この時も苦しんでいる人たちは確実におります。
そしてその影響で生活が苦しくなっている人たちもおります。

また、それとは反対に潤っている人たちも確実にいるのです。

先日ある報道番組でこんな街頭アンケートインタビューをしていました。

方やこういう人たちもいました。


これは実際のインタビューを書き起こしたものです。
コロナ禍であっても緊急事態宣言があっても潤っている人たちは確実にいるのです!
たまたまの人たちがほとんどですが、これを確実なものにするには今動き出すことです。
そうです、このビジネスモデルは潤っている人たち側になるためのツールなのです。

しかも完全リモートにより新型コロナ感染の危険性がなく
リスクを抑えて実践できるのでやらない理由は見当たりません。

空いている時間を有効活用してこちら側に来てください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。